使用方法

パワーストーンを使った美容方法について

1月6日の誕生石であるパワーストーン「玄武岩」。
中国をはじめ、日本国内でも採ることができます。
黒光りしている男性的なイメージのパワーストーンですが、生命力を高めて魔除けのパワーを強めると伝えられています。

自分の中の魔除けのパワーを強めると言われると、ものすごいものだという感じがしますね!
この玄武岩、最近ではリラクゼーションサロンでの「ストーンセラピー」に用いられています。
ストーンセラピーはまだなじみのない美容方法ですが、欧米からスタートした方法で、大地の恵みである石を使います。
注目すべきは石の温度。「温かい石」と「冷たい石」を用いて体をほぐす手法なのです。

うつ伏せになり、温めた玄武岩を背骨上に縦に置きます。
血行を促して筋肉をほぐしてくれます。
ストーンセラピーで使われる冷たい石は大理石など重量のあるものです。
この冷たい石で、温めた体のコリをほぐしていきます。

手や指でなく、石を体にストロークさせる感覚が非日常のリラクゼーションを味わえます。
温かい石と冷たい石の組み合わせによって、手ではほぐせなかったコリや冷え性の改善に役立つそうです。
体の循環が良くなれば、デトックス効果も高まりますし、免疫機能も促進することができます。

ストーンセラピー用の石を販売しているサイトによると、玄武岩の選び方が非常に難しいようです。
背中に配置していく際に、重さや大きさが対称でないと、バランスの取れた施術ができないなど、ペアで購入する必要があるといいます。
その後のケアも重要なようなので、なかなかストーンセラピーのサロンが増えないのは、このような理由があるからなのかもしれません。

しかし、施術を行う人自身も、パワーストーンによるヒーリング効果http://valplumwood.com/oyobosu.htmlを得られるとのことなので、今後ストーンセラピーが広がってくれると体験してみたいものです!

このページの先頭へ