使用方法

パワーストーンの発掘をするための詳細

パワーストーンを自ら発掘してみたい…。そんな想いを抱いている人は少なくないと思います。
パワーストーンは一体どこの山にあるのか、気になりますよね。
パワーストーンとして売られているものは中国などの鉱山で切り出されている大きな石を割ったり磨いたりしています。

鉱山に入ることは個人では危険であり、だいたいの場所は立ち入り禁止です。
はいれたとしても勝手に石を切り出すなんてできないことです。
ではどうしたら発掘できるのか。

実はその答えが日本海側の海岸にあるのです!
その場所は、富山県と新潟県の境あたりにある「ヒスイ海岸」と呼ばれる場所です。
深い緑色からターコイズに近い緑色まで様々な文様を魅せるヒスイが転がっていると言われています!

早速調べてみると、個人のブログなどで多数ヒット!
この海岸は砂浜ではなく小石が続いているところです。
ポイントは波打ち際で砂利が溜まっている所を崩しながら探すんだそう。

ヒスイ、と言えば緑色ですが、白に近いものもあり、しかもサイズは様々。小指の爪ほどの大きさから手のひらサイズのものまで!
ヒスイでなくても、普段道端では決して見かけることのない美しい石がゴロゴロ転がっていることから、家族みんなでもくもくと探している姿がよく見られるそうです。
発掘、というか拾った石が本当にヒスイなのか、調べる方法としては、海岸の近くにある「フォッサマグナミュージアム」という博物館で鑑定をしてもらいます。

ヒスイと思ったものが違うと鑑定されたとしても、それはヒスイに見間違うほどの美しい海の石です。大切に持ち帰りましょう。
もちろんこの博物館も見ごたえがあって、巨大なヒスイの原石が展示されているので、ヒスイパワーをもらって帰りましょう。


このページの先頭へ