使用方法

パワーストーンファッションについて

パワーストーンと言えば、数珠タイプのブレスレット。
しかしこれ、ファッション的に考えるとトレンドでも無いし、時計とも合わせにくいし、正直言うと「ダサい」と意見する人も多いんです!
強力なパワーを求めてすべて同じ石を並べたい気持ちも分かりますが、もっとオシャレなパワーストーンがあるということも、数珠派の方に知って頂きたいです。

・男性編
男性は腕時計をする方が圧倒的に多いと思いますが、腕時計とパワーストーンの組み合わせがワイシャツやジャケットの袖からチラッと見えたときにオシャレかな?という視点が大切です。
正直言って、オシャレじゃないとかんじたら、カバンの中に入れて持ち歩きましょう。

また、最近はカフスボタンやネクタイピンにパワーストーンがはめ込まれているものもあります。
ツヤツヤしすぎていたり、大きすぎるものだと、ビジネスの場にはふさわしくありません。
黒いオニキスや、茶色のタイガーアイなど色味があまり目立たないものはいかがでしょうか?
クリエイティブ系の方や自営業の方、アパレル系の方などは好きなデザインでOK。

カフスボタンであまりにも大きなパワーストーンを付けていると、くだけた印象になったり、夜の世界の人に見えるのでサイズ選びが重要です。
休日は、仕事中とは違ったコーディネートが楽しめます。
しかし、やはり数珠タイプ一辺倒だとおしゃれ感が無いので、レザーブレスで編んでいるものはデニムにも良く合い、こなれ感を出せますのでお勧めです。

・女性編
女性の場合は恋愛運上昇などを狙ってローズクォーツを付けたり、ダイヤモンドを好む人が多いようです。
女性も数珠タイプよりはデザインに変化があるものの方がオシャレです。

ポイントは、様々な大きさのストーンを使っていること。
小さな珊瑚に大きなローズクォーツを一つ、など大きさでデザインに変化があると、数珠つなぎになっているものでもオシャレです。
また、球体以外の形に、長細く加工しているストーンを取り入れるとこちらもオシャレです。

女性らしさをアピールするためには、貴金属との合わせ方が重要だとおもいます。
華奢なゴールドのネックレスに一つだけパワーストーンを取り入れると、より特別感が出ます。
カジュアルなファッションのときにおススメしたいのは、足首にキラリと光るアンクレットです。
水着やヨガウエア、ショートパンツ、トングサンダルなどにぴったり!
このように、シーンに合わせた素材選びとデザイン選びを楽しんで、色々なパワーストーンファッションhttp://www.gakka.jp/kum.htmlに挑戦してみましょう!


このページの先頭へ