使用方法

パワーストーンのお守りとしての効果の詳細

パワーストーンの効果って、どうなんだろう?そんな疑問が湧いてきますよね。
そこで、パワーストーンをお守りや厄除け、魔除けとして持ち歩いていた人のエピソードを調べてみました。

・ルビーのブレスレッドがゴムが切れた夜に歯が痛みだし、翌日病院で「よく今まで痛みが出なかったね~」と驚かれた。
ルビーが痛みを和らげてくれていたのか、病院に行くよう暗示するためにゴムが切れたのか…。

・感情が乱れて大声を出したときに、ルビーとスターガーネットのブレスレッドが切れた。
とげとげしい感情を支え切れなくなり、落ち着くように諭してくれたのかも。

・彼氏と復縁のために色々と努力をして、ついに復縁が実現。
帰宅すると、飾っていたパワーストーンの色が割れていた。

・駅のホームでパワーストーンのお守りストラップが切れて石を落してしまった。
拾い集めるために電車を1本遅らせたら、乗るはずだった電車が人身事故を起こしたことを後から知った。
など、身代わりやトラブルを回避するところにパワーストーンが関わっているエピソードは多数報告されています。

ブレスレッドやストラップの紐やゴムが切れた場合は、ストーン自体が身代わりになったのとは違うし、
関係ないのかな?と思われがちですが、あまり時間が経っていないのに切れることも多いようで、やはり何かを知らせるために切れたんだと思えてきます。
昔から「信じる者は救われる」と言われますが、パワーストーンを持っているから救われるのではありません。

「パワーストーンを持っているから、いつもよりもうちょっと頑張ってみよう!見守っててね!」という気持ちになって、日ごろよりもプラスアルファの力を出せる自分になるための、応援グッズだと思ってみると自然です。


このページの先頭へ