使用方法

パワーストーンブレスレット製作のおすすめデザイン

パワーストーンのブレスレッドをオーダー製作するなら、どんなデザインにしたいですか?
オーダーは自分が好きなパワーストーンを選んで、合わせる貴金属なども選べる場合が多いです。

ぜひ、貴金属はプラチナや18kを選びましょう!
理由は汗や水に強い貴金属だからです。
パワーストーンのアクセサリーは、肌身離さず着けておきたいという方が多いと思います。
その場合、毎日つけると汗による変色などが考えられます。

酸や汗に弱い金属を使っていると、変色して買ったときに輝きが失われてしまいます。
そのため、少し値段は張りますが、プラチナや18kをあらかじめ選んでおけば、その輝きを長く持続することができます。
もちろんお風呂に入るときもOKですよ!

また、パワーストーンは浄化しながら付き合うことが求められます。
厄や魔、自分の不のパワーがストーンの中に溜まってしまうので、たまに浄化させてあげなくてはいけません。
水や塩による浄化の方法をする人が多いのですが、このときもプラチナや18kだと安心です。

金属以外でパワーストーンブレスレッドhttp://www.yume-juya.jp/motimono.htmlを作りたい場合、男性などは特にレザーブレスレッドにパワーストーンを組み合わせるデザインが人気ですよね。
レザーは使い込むにつれて味が出る本革がおすすめです。
しかし本革は水に弱いので、手軽な合皮にしたい方は、たまに皮だけ変えるのも良いでしょう。

合皮は使い込むとクタクタになります。それがオシャレじゃないな、と感じるのであれば、ストーンだけ外して、また編み直したり、加工をお願いすれば良いと思います。
そのときには、ストーンの浄化も忘れずに!
いずれにしても、長く&毎日使うことを想定したデザインや素材選びにしましょうね。

このページの先頭へ